妊活お役立ちコラム

妊娠しにくい?妊娠の年齢の関係についても


最近は結婚年齢が上がって、初めての妊娠が30歳過ぎてからという方が多くなっています。今、高齢出産は35歳以上と言われていますが、これは1993年以降のことで、それまでは30歳以上の初出産を高齢出産としていたのです。


近年は結婚そのものが30歳過ぎている方も増えており、35歳過ぎてから初出産ということも珍しくなくなりました。しかし、やはり年齢を重ねると妊娠しずらくなります。


卵子は35歳を過ぎると徐々に老化し始めまると言われています。ただしこれには個人差がありますから、あくまでも平均値としての話ですが。


また、流産というショックなできごとですが、若くても10人にひとりはあると言われます。まして40代となれば流産の可能性を受け入れなければなりません。流産は30代後半から増えてきて、40歳では2.5割くらい、45歳では3割を超えてしまいます。


妊娠する年齢


避妊を解除すればすぐにでも妊娠できると思っているのは、20代前半からせいぜい20代後半まで。妊活は年齢を追うごとに大変になっていきます。


妊娠を希望したのが20代前半の場合、1年以内に妊娠する確率は9割弱というデータがあります。これが30代前半までは8割程度、30代も中ごろになると妊娠の確率は下がり、30代後半になると1年以内に妊娠できる確率は6割程度に下がってしまいます。


このように妊娠力は加齢とともに落ちてしまいます。現代の女性は体力や見た目や精神力もどんどん若くなっています。ですから妊娠についても30過ぎても40代でも妊娠力も落ちていないと勘違いしているのです。


ところが、卵子は年とともに老化しています。そして残念ですが、不妊治療をしたとしても卵子の老化は止められないのです。


だからこそ、妊娠を望む方は、自分の体をよく観察し整え、パートナーの強力のもとで妊活を進めてゆくことが大切になります。そしていつ妊娠していいように赤ちゃんの未来と健康な妊娠生活を送るためにも葉酸サプリを摂取することも忘れないでください。